利用規約 | VOiCE

利用規約

利用規約

第1章 総則

 第1 本規約の目的

共同運営元である、株式会社ウエストウイング、株式会社ホープツーワンおよび、株式会社クロスウイング(以下、運営会社)はVOiCE(以下、当サービス)を提供するにあたり、VOiCE利用規約(以下、本規約)を定めます。

 

 第2 本規約の適用

当サービスの利用者(以下、利用者)は、当サービスの申し込みおよび利用に際して本規約を十分に理解し
遵守することに同意しているものとします。本規約に同意しない場合は本サービスを利用することは
できません。

 第3 本規約の変更

運営会社は本規約を事前の通知なく変更・追加できるものとし、当サービスを提供するウェブサイト

(以下、当サービスサイト https://voice-doujin.space)に掲載した時点で効力を発するものとします。利用者が

当サービスの利用を継続した場合、運営会社は利用者が変更後の規約に同意したものとみなします。

 第4 違反行為等への処置

運営会社は利用者が本規約に違反していると判断した場合、利用者に対し改善・訂正を求めること、または利用者に対するサービスを停止・終了することができるものとします。特に法令違反や第三者の権利侵害については上記に加え警察等公的機関に対し通報、捜査協力等の必要な措置を講じます。

2 当サービスの概要

5 サービスの目的

当サービスは主にイベントを行う団体および個人(以下、イベント主催者)とイベントに参加する団体及び個人(以下、イベント参加者)を対象としており、インターネットを介してイベントへの参加申し込みを内外の希望者に注文、ならびに流通の仕組みを提供し、これを通じてイベント主催者のイベント運営簡略化と、同人誌作製の機会を設けることに資することを目的としています。

6 サービスの内容

当サービスはイベント主催者とそのイベント参加者の間の、イベントに関する販売と流通の支援機能を提供します。機能の詳細、利用開始・終了方法等は当サービスサイトに示します。

7 サービスの利用料金

当サービスの機能はイベント登録をされた場合に、システム利用料が発生します。またシステム利用料については運営会社の判断で予告なく変更できることとします。

また、イベント主催者の設定により、一般参加費が発生することがあります。
サークル参加費もイベント主催者の設定により、基本料金に加算して発生することがあります。

8 オプショナルサービス

運営会社は当サービスの利用者に対し、当サービスの機能、利便性その他の価値を向上するために別途料金をお支払いいただくサービス(以下、オプショナルサービス)を提供できるものとし、そのサービスの仕様、料金、お支払い方法等は当サービスサイトに示します。オプショナルサービスを伴って当サービスを利用する場合でも、特別に明示しないかぎり本規約の全ての条項が適用されるものとします.

3 当サービスの利用条件

9 利用状況の調査および監視

運営会社は、利用者の要請に基づいて正常な取引を支援するため、または運営会社の裁量に基づいて本規約の遵守状況の確認や通信販売の取引に問題が生じることを未然に防ぐため、利用者の設定情報、取引の記録等を調査および監視する権利を有するものとします。

10 利用者の責務

利用者は当サービスの利用にあたり、下記の責務を負います。
1. 関連法令を遵守し自己の責任において当サービスを利用し、当サービスを利用してなされたすべての行為及びその結果について責任を負います。
2. 販売流通の運営に関し、参加申し込み者からの参加申し込みや問い合わせ、商品の不良、クーリングオフ等に基づくキャンセル等に対して遅滞なく誠実に対応し、参加申し込み者や第三者との間に問題が発生した場合、自己の費用と責任で解決しなければなりません。
3. 利用者は、通販サイトの設定内容や通信販売の運営に関する事項に対して、運営会社から問題点の指摘を受けた場合、問題の程度に応じて運営会社が妥当と判断する期間内に改善しなければなりません.

4. 第三者の名誉を毀損、プライバシー権を侵害、許諾なく第三者の個人情報を開示、著作権法に違反、その他第三者の権利を侵害した場合、 自己の費用と責任で解決しなければなりません。
5. 当サービスを利用する為に必要な通信機器やソフトウェア、通信回線等の全てを自己の責任と費用で準備し接続等をするものとし、接続不良等に起因して参加申し込み者や第三者との間に問題が発生した場合、自己の費用と責任で解決しなければなりません。
6. アカウントの管理についての一切の責任を持ち、第三者による不正利用等があった場合、自身が一切の責任を負います。
7. 当サービスにアップロードした画像、テキスト等の情報を自己の責任で保存します。

11 禁止事項

利用者は、本サービスを利用して以下の行為を行わないものとします。次の各項に該当する行為が確認された場合、VOiCEは、状況を判断した上で第12条に基づき当該会員に対するサービスの停止を行うものとします。また、会員はその結果に関する質問、苦情等を一切申し立てないものとします。
1. 公序良俗に反する行為(反社会的活動およびその宣伝活動を含む)
2. 犯罪的行為(詐欺、コンピュータウィルス・ジャンクメール・スパムメール・チェーンレターの配布、無限連鎖講にあたる行為を含む)を助長しまたはその実行を暗示する行為
3. 他の会員または利用者あるいは第三者の知的所有権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権・ノウハウが含まれるがこれらに限定されない)を侵害する行為
4. 他の会員または利用者あるいは第三者の財産、信用、名誉、プライバシー権、パブリシティ権、著作権、その他の権利を侵害する行為
5. 法令に反する行為、および違法な行為を勧誘または助長する行為
6. 他の会員または利用者あるいは第三者に経済的もしくは精神的損害または不利益を与える行為
7. 他の会員または利用者あるいは第三者に対する誹謗中傷、脅迫、いやがらせに当たる行為
8. 選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為、および公職選挙法に抵触する行為
9. 自己または第三者の営業に関する宣伝のみを目的にする行為(VOiCEが特に承認した場合を除く)
10. 未成年者に対し悪影響があると判断される行為(性風俗、宗教、政治に関する社会的行為を含む)
11. 民族・人種・性別・年齢等による差別につながる表現を本サイト上に登録する行為
12. 性交および猥褻な行為を目的とした出会い等を誘導する行為
13. 他の会員または利用者の個人情報を収集・蓄積する行為
14. オークションサイト等でアカウント等を売買する行為
15. 自分以外の人物を名乗ったり、代表権や代理権がないにもかかわらず会社などの組織を名乗ったり、または他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽ったりする行為(故意過失に基づき誤認した場合も含む)
16. サーバーに負担をかける行為、および他の会員または利用者のアクセスまたは操作を妨害する行為
17. 本サービスの運営を妨げ、または、VOiCEの信用を毀損する行為
18. 本規約に違反する行為
19. その他、VOiCEが不適当と判断する行為

12 免責事項

運営会社は当サービスの提供にあたり、下記の通り責任を限定します。
1. 運営会社は当サービスの完全性、正確性、確実性、有用性、安全性等いかなる保証も行いません。情報等の流失、消失等その他本サービスの利用に関連して利用者または参加申し込み者に損害が発生した場合、運営会社の故意または重過失による場合を除き、一切責任を負いません。
2. 運営会社は利用者・参加申し込み者間の通信等に関与しません。当サービスの利用を通じて紛争があった場合当事者間で解決するものとし、運営会社はその責任を一切負いません。
3. 運営会社は裁判所・警察等の公的機関から法令に基づく正式な照会を受けた場合、利用者および参加申し込み者の情報を開示することができるものとします。
4. 運営会社はいかなる場合でも、 利用者から支払われた料金を返還、または利用者の逸失利益、損害、弁護士費用等を賠償しないものとします。
5. 運営会社は運営会社が必要と判断した場合、利用者に通知することなくいつでも当サービスを変更、停止、又は中止することが出来るものとします。

4 個人情報の取扱い

13 個人情報の取扱い

利用者および運営会社は、当サービスを通じて入手した個人情報(特段の定めがない限り、「個人情報の保護に関する法律」第2 条に定義される内容をいいます)の取扱いについては、関連法令を遵守し、その安全管理のために必要かつ適切な措置を講じなければならないものとします。

14 利用者の個人情報の利用目的

運営会社は利用者の個人情報について、当サービスの提供・サポート、運営会社が運営する他のサービスの広告宣伝等の配信、個人を特定しない統計資料の作成・公開のみを目的として利用します。

15 第三者の個人情報の利用目的

運営会社は利用者が当サービスを利用することにより収集した個人情報について、個人を特定しない統計資料の作成・公開のみを目的として利用します。ただし、運営会社が第三者に対し個別に利用目的を提示し、第三者との合意の上で個人情報を収集した場合はこの限りではありません。

5 知的財産権

16 運営会社の知的財産権

運営会社が提示するウェブサイト、関連資料等に関する知的財産権の一切については運営会社に帰属し、運営会社は利用者が当サービスを利用するために必要な範囲において、これらの利用を許諾します。

17 利用者の知的財産権

利用者が当サービスの利用上作成・登録したデータ・コンテンツ等に係る知的財産権は、利用者に帰属します。

18 第三者の知的財産権

利用者は、第三者が知的所有権を有する著作物等を当サービス上に掲載する場合、当該知的所有権保持者より許諾を得る必要があります。運営会社はこれについて一切関与しないものとします。

6 その他

19 本規約の解釈

本規約の解釈を巡って疑義が生じた場合、運営会社は合理的な範囲でその解釈を決定できるものとします。

20 準拠法

本規約の準拠法は日本法とします。

21 管轄裁判所

本規約に関する全ての紛争については、大阪地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とすることを予め合意します。